フクロモモンガを10年飼育して思ったこと

以前からフクロモモンガを可愛がっています。長く生きてくれて9歳と12歳(2020年12月で13歳)の雄のフクロモモンガを2匹飼っています。
7歳の雌もいましたが私が入院をした際、いない間に体調を壊し帰宅した頃には虫の息で星となりました。

ほげちゃん 12歳
おさる 9歳
ちーちゃん 享年7歳

フクロモモンガは近年、人気のペットとしてTVやペットショップで見かけてるので
一通りの飼い方などはネットや飼育書にありますので端折ります。

1、モモンガフードを食べない

ブランドごとに匂いも大きさも違いますが食べない子が多いです。
何故や。それを食べてくれさいすれば何も問題ないのに!
全ブランドのモモンガフードを買いそろえて与えてみても食わない。
なんか齧る時もあるけどちゃんと食ってるところ見たことない。
あやしい…。床を見ると捨ててある。よくあります。
モモンガフード食べる子いたら超良い子だよなぁ~
代用として犬用総合栄養食のやわらかいタイプのドッグフードを与えてます。ご老体モモンガには丁度いいかな。
※総合栄養食とかかれていないドッグフードは与えてないです。


病気やケガで食欲がない場合はモモンガフードをすり鉢で粉にしネクターなどに混ぜて液状にしたりなど工夫をする時もあります。

2、個体によって好きな物・嫌いな物が違う

きっと飼育者は色んな種類の食材を買いそろえると思います。
ヨーグルトに木の実、ささみにフルーツにネクター、私のようにドッグフード。
はたまた、ピンクマウスなど。
しかも、毎日同じメニューだと飽きるのか食いが悪い時があります。
個体によって偏食が違うのでその子の好きな物と嫌いなものを見つけるのも楽しいです。

タンパク質は犬用のレトルトささみをあげたりしています。夏場は腐りにくくて野菜もとれるし食いも良いです。

3、ネクターの存在

他の生き物と違うのはこの食べ物をフクロモモンガには与える事です。
パウダーフードとも言います。鳥でも果実食の子はネクターを与えますよね。そんな感じです。
モモンガ用もありますし鳥用のローリーネクターでも代用できます。

4、食べカスが凄い

木の上で生活する生き物は食べこぼし、トイレの場所は覚えないのは知ってると思いますが
フクロモモンガは食べ物の汁だけ吸って果肉のカスなど吐き出すので常温で1晩など夏場は朝には腐ります。目を離すとショウジョウバエの家になりかねないです。
しかも口周りに液体がつくと拭うのかと思いきや首をふって飛ばします。
生のフルーツ推奨ですが、食べ終わったらすぐに片付けて腐りにくいフードに変えておくと安心です。

5、臭腺がある

犬や猫にもありますね。尻をこすりつけるのを目にした飼い主もいるのでは。
フクロモモンガにも雄雌ともに臭腺があり、様子をみる必要があります。
というのも臭腺ってどうやら痒い時があるみたい(溜まると炎症がおきる)で気になって自傷する時があり血尿がでてるように見える時があります。
飼い主でも血が溢れてたりすると傷を目視で確認するのは難しいです。
フクロモモンガの自傷は有名ですがこんな感じで自傷し余計酷くなるので病院送りとなります。
様子をみて定期的に肛門を絞ります。白い液体がでたらそれです。※絞りすぎないでね。

あと、独特の匂いがその臭腺なのですが石鹸で洗っても匂いが落ちないので匂いを楽しんでください。癖になります。

6、ケージを選ぶ

金網系のケージがよく売られています。大型のインコとかテグーとかのケージ。
金網ですが以前、ほげちゃんが金網の外に尻尾だけ出した状態でジャンプしたせいで金網にひっかかり尾の皮がズル剥けになり(診断は火傷)尻尾に保湿剤を塗ってましたが翌日には壊死した為、切断しました。
あと金網は洗っていても2年くらい経つと糞尿で腐食して壊れます。それと上記でもある通り、食べカス糞尿はケージの外に飛び散りますので掃除が大変です。
賃貸の場合は壁紙等、気を付けてください。
※どの生き物でもそうですが糞尿は木材も腐らせるので賃貸が腐食となると修繕費がやばいです。


高価ですがモモンガ仕様のアクリルケージが一番、メンテもしやすく良いです。
我が家ではこちらのメーカーさんのケージを雄二匹のため2種類1つづつ使用しています。(お医者さんさんにも見せたら良いケージ!と言ってもらえたので良いはず)

7、爪を切るか、切らないか

病院に連れていくと爪切りしてくれます。
多分、爪を切る時って布製のポケット系お家の時や触れ合う時、人間が怪我するから切る時だと思うのですが自然界では爪を切らないですし愛玩動物ではないので爪を切る必要はないかなと個人的に思います。(布製ハウスは使用せずふれあいの時は我慢)
爪を切らずに腕に乗せると痒くなりますが、大半はアレルギーではなく皮膚が細かく裂けてるだけです。水で洗い流して消毒すると収まります。(アレルギーの場合は病院…)
以前は私は切ってましたがフクロモモンガも嫌なことをされれば覚えていて3日くらい恨まれました。悲しい。やめました。

上記のアクリルケージで飼育する際は爪切りはしない方が良いです。(登れないから)

8、鳴き声を真似すると返してくれる!

夜中に「アンアンアン!」って犬みたいに鳴くんですが1度鳴くとずっと等間隔で鳴いています。
真似して鳴くと暫く聞いててくれて返してくれます。え~めっちゃ嬉しい。
私もフクロモモンガの仲間入りじゃん?とか思って鳴いてない日に鳴いてみると(私が)「アンアン!」っと返事くれるのめっちゃ私フクロモモンガじゃん~~~え、フクロモモンガに気を遣わせてる?

9、必ず病院にお世話になる時がある

10年以上飼ってて何度か病院にお世話になりました。
犬や猫でも予防接種や思わぬ病気や怪我があるようにフクロモモンガにもそういう日は来る時があるので病院は複数候補にいれておくと安心です。
手術はできないけど内診はできる病院、手術はできるけどとても混む病院。
もし、病院いらずの子がいたとしたら物凄い体が強い子なのかも。稀です。ペット貯金オススメ。

10、体重に気を付ける

食事と体重に気を配ってあげれば健康的な体つきになるはず。
以前、とあるブリーダーにお会いした時、どすこいフクロモモンガに会いました。
「ベタ慣れなんで誰でも触れます!」とブリーダーはお話してましたがどう考えても太りすぎて動けないだけだ…と、心に平穏を保つよう心掛け離れました。
また痩せすぎると病気や怪我をした時に危ないので小食な個体は気を付けてあげねばです。

11、モモンガの生殖器は2つある(雄)

ちんちんが2つあります。若い子は出したりしまったりをするのでその時、見れると思いますが私は初めてみたときは寄生虫では…と疑ったくらいです。
しかも収納式な為、上手くしまえないと乾いてペニス脱になるので恐ろしいです。
最悪、切除になるので湿らせた綿棒で手伝ったりした経験があります。
おさるは収納下手すぎて片方のみ切除となりました。お医者さんは「もう1本あるから大丈夫でしょっ」との事でした。なんか切ない。

ちんちんが2つある生き物を半陰茎と言います。ググってみてね。

12、歳をとると人間のようにボケるし傷の治りも遅い

今まさにおじいちゃんモモンガが2匹いるわけですが特に12歳のほげちゃんは給水機の使い方も忘れがちで本体にしがみついてぺろぺろしてるし明らかに水はのめてないので小動物用ゼリーなどで給水してます。
そしてちょっとした傷も治りが遅いです。
食も細くなり寝てる時間が多くなりました。

10年一緒にいた同居感想でした。高齢モモンガですが、これからも一緒に居たいなぁ…。

おまけ

1件のコメント

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中