魅惑の骨コレクション

こんにちわ、kasugaです。

骨を収集してるんですが自分の欲しいサイズの個体、種類の骨って見つけられるの運次第ですよね。本物の骨が苦手な方はごめんなさい。
ただ、最近は3Dプリンターのお陰でレプリカも多く出回ってるので臭いが気になる方や本物が苦手な方はレプリカで十分楽しめると思います!

骨への興味

造形美という言葉が一番簡単に説明できそうです。こんなモノが体に入って支えてるのか~!好奇心から興味を持ち始めました。

特に頭骨はインテリアにも良いですよね~!ただ、自分の飼育していた生き物の骨だけはどうしてもインテリアにできず供養して骨壺にいれています。(もしくは珍しい生き物の場合は欲しい方に遺体を譲ってます)

我が家のワニとオポッサムとブタの頭骨

動物によって形が違うし数も違う

人間とサンショウウオの骨を比べると「おぉー」と思うかも。
魚の骨は身近ですよね。鳥なんて嘴も骨として残ります。こんな風に見ていくと「発見」に繋がります。さながらモンスターです。
唯一、気になるのは匂いでしょうか…。特有の香り付き。
肉食動物は骨になろうとも歯の鋭さは生きてるので注意が必要です。

骨の保存方法

私はまだ飾る棚がないので暗所に保存してます。結構もろい部分があるので綿やクッション材を敷き詰めた段ボールで保存中です。下あごがばらつく時は輪ゴムでまとめてます。

ブタは譲り受けました!やったねー!

集めているのは頭部だけですが全身あったらカッコいいだろうな~!
たまらないですね!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中