水槽日記⑥手作り濾過槽つくります[中編]

水槽日記はこちらから
水槽日記①淡水魚の水槽
水槽日記②海水魚の水槽
水槽日記③元気な海水魚が突然、星になる
水槽日記④手作り濾過槽つくります[前編]
水槽日記⑤魚をつれてきた

前回、塩ビ板を割り悲しみにくれ寸法を入力するとアクリルカットしてくれるアクリルショップ・はざい屋さんにお願いして欲しいパーツをカットしてもらいました~(DIYしないのかよ…と突っ込みたくなる。。)

アクリルを真っすぐ綺麗にカットするのが物凄く難しいです。

水槽は水の漏れを防いだり強度が必要なので面と面が並行でないと水漏れや崩壊の恐れがあるためカットは真っすぐでないとなりません。。。
水圧の計算とかね!

はざい屋さん、ありがとう…(カットは素人故、諦めました)

使う道具を購入した

アクリル水槽に配管を通したくて3cm~の穴をあけたかったのです。
そこでホールソーという道具に行きつきます。これがすごい!

こちらのドリル。お値段の割に有能です!

RYOBIは使いやすくて、軽い上にブランド的にも安心ですね。

Amazonで購入する際はドリル刃はつかないので別途購入する必要があります。

このホールソーもアクリルカット時、割れず綺麗な円をあけることができました!すごい~!すごいよ~!

お値段も安いので配管を通したいなど、水槽を自作する以外にも色々使えそうです。机の配線を通すための穴とかあけるのにも役立ちそう。

使用する際は下にいらない木片を置き切断したい物の下にひいて貫通させます。手ごたえが変わるので分かりやすいです。

設計図を書き直す

設計図を考えてたのですが水槽作りの人に聞いたら色々とダメな設計図ということがわかり書き直しました。これではゴミを作ってしまう…

先人の知恵、凄し。

ダメな設計図。この場合、濾過槽内に必要な水位がたりず、生物ろ過ができない。
また水の流れがないのでまんべんなく水がいきわたらず機能が発揮できない。

ダメな設計図の「何が」どう「ダメ」なのか、丁寧に教えて頂きました。

材料を見ながら書き直し。
完成した設計図。
修正するも必要な部品が増えてしまいホームセンターに買い出しに行きました。
配管の使い方も知りました。
  • 水の流れを考える。また物理ろ過+生物ろ過の組み合わせで汚れを取れるよう意識する。水の流れを邪魔するようにしてはいけない。
  • 仕切り板は下部を浮かす構造にし水が濾過を通って下に落ちるようにするとろ材を通っていく。仕切り板に穴をあけてしまうと水が下まで落ちず濾過を通らない。
  • 排水するパイプは大きめにし空気と一緒に落ちるようにすると水通りがいい。また既定の水位が必要な場合は排水パイプで水位の高さを決める。

初心者が水槽をつくるとこんなミスがあるのですね…

パイプカッターとパイプクリーマー

パイプカッターというのを教えてもらいこれも凄い!楽!楽しい!綺麗にカットできる!

パイプ状のものをノコギリでカットするのは結構難しいです。切り口もボロボロになるし何より短いとノコギリでは切れない。

でも、パイプカッターは短くても綺麗に数分で切れます。

ノコギリだと20分もかかったのに…

※パイプが柔らかいと切りずらいです。それはノコギリもパイプカッターも同じですが柔らかい素材は注意。

パイプクリーマーも凄いんですよ~

パイプの面取りです。
面取りするとどうなるかと言うと、カットしたパイプの尖った角が滑らかになります。

そうすると穴とパイプがピッタリサイズであと少しで入らなかった穴にパイプが通しやすくなったりと作業効率があがるんです。(素材にもよりますが)

<p value="<amp-fit-text layout="fixed-height" min-font-size="6" max-font-size="72" height="80">そろそろ濾過槽を完成させたい気持ち…!そろそろ濾過槽を完成させたい気持ち…!

1件のコメント

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中