世界を虜にする天使、パンダマウス教への入信

そう、パンダマウスは可愛いのです。
地球の成り立つ心理と言っても過言ではないでしょう。

定期的にパンダマウスを更新できたらいいのですが、短命な生き物です。寿命は短いですがご紹介していけたらと思います。

パンダマウスの寿命

1.5~2年程度です。3年生きる長寿な子もいるようです。
ハムスターでさえ2~3年生きるので比べると短命ですね…。

パンダマウスの食事

Instagramから可愛らしいお写真お借りしました!

雑食性ですが主に種子といった植物が中心で昆虫を食べます。

小型ハムスター用のミックスフードで十分です。(ネズミ用ペレットとかもOK)
子どもを産ませる場合は「にぼし」などカルシウムも取れる食事だと尚よし。

パンダマウスの値段

//www.instagram.com/embed.js

短命ですが1800~3000円ほどです。ショップにより違いはありますが、マニアックな種類で地味な人気のあるマウスなため、ラットの取り扱いがあるお店には置いてる可能性はあります。

ハツカネズミより小型なので人気の種でもあるようです。

パンダマウスの歴史

//www.instagram.com/embed.js

マウスの一種で江戸時代に愛玩用として飼育されていた品種です。その後、日本からは絶滅しましたが海外に持ち出されていた個体が繁殖したものが研究用として里帰りをしました。

逆輸入ですね!
そして、愛玩用とあるように野生化では存在しない生き物です。

パンダマウスの特徴

//www.instagram.com/embed.js

マウスの中でも超小型になります。体長は尾を含め7cm程度。
しっぽの長さには個体差があり短い子や長い子もいます。

体の半分くらいがしっぽなので実際はとても小さく見えます。

カラーマウスも可愛い子がいますがパンダマウスと最大の違いは「強さ」だと飼育を比べて思いました。

//www.instagram.com/embed.js

カラーマウス(ファンシーマウス)

  • 顎の強さが凄くプラケ飼育だと横穴を空けられる事がある
  • 噛まれると痛い
  • 脱走が得意
  • 基本的に繁殖能力が高い
  • 様々な毛色があって個性がある
//www.instagram.com/embed.js

パンダマウス

  • 全てがか弱い。口も小さいため噛まれない
  • 脱走はそこまで上手くない
  • 繁殖能力は個体差があり沢山産める子と産めない子の2パターンがいる
  • パンダ柄一択のみ

カラーマウスと比較しましたが2種に共通する部分は寿命です。

マウスは癌で亡くなる確率が高いです。
飼い主がしこりに気が付いた頃には摘出することができない大きさが大半で「摘出するとなると臓器ごと取ることになる」と獣医さんに診断されたことがあります。

例え癌でも、最後まで可愛がりましょう。

パンダマウスのご紹介でした!
パンダ柄はその子の個性なので親兄弟でも同じ柄の子はなかなかいないです。

可愛いなぁ~

1件のコメント

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中