秋の本当にあった怖くない話~犬編~

こんにちわ、kasugaです。
霊感がある…話じゃないです。犬です。
イヌバナです!

ある物件をみて気に入り一人暮らしを始めました。
場所は東京八王子。夜になると山なので街灯の明りでさえ闇に飲まれます。
そのぐらい、歩道は真っ暗で交通事故も絶えない通りの小さな部屋でしたがお気に入り度はMAXなので外野は関係ありませんでした。

当時も深夜までイラストを描いていた時に「何か」視線を感じます。
視線の先には少しカーテンを開けたベランダに続く窓。
窓の先に光る大きな2つの目玉が見えました。

一瞬、「ひっ…」と声をあげてしまいましたが…

よぉーく見るとチワワでした。

私はチワワを飼ってないです。
でもチワワはそこにいる…

フクロモモンガにあげてるにぼしを片手におびき寄せようとしたらベランダの仕切り板の隙間をスゥ…と潜り抜けていきました。

暫くして飼い主の方の声が「あれ!?いない!??」「〇〇ちゃーん!どうしようー!??」「あ!!!いた!!コラ!!!」と聞こえてきてふふっ、無事捕まったな…と安堵しました。

ベランダに生き物を出す際は逃げれる高さや隙間は飼い主の方は注意してくださいね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中