フクロモモンガの老衰

もう13年一緒にいるフクロモモンガのほげちゃんが体調を崩しました。
好きなりんごが全く減っていない事に気が付きつつも巣箱から音がするので様子をみて新しいご飯に変えて小まめに様子を伺ってました。
その後、少し減ったご飯器の傍で倒れてました。
触ると冷たいので砂糖水を飲ませてヒーターの前で暖をとりつつ一夜を明かします。

その後、簡単な保温箱を作りました。
中にはカバーのついたひよこ豆電球と温度計が入っています。

自力じゃ自らの体温を維持できないため、保温30度で様子みてたらみるみる体温が落ちていくので40度近くを保ってます。水分摂取はゼリーです。腐るの速いと思うので一日に何度も変えます。

病気やケガなら食事を与えて薬で治していけるけど老衰なので食事がとれないです。
多分だけど、お腹がすかないのかな…。

画像は触ってますが基本触りません。
この子、家に来た時からあんまり人間好きじゃないので大人しく触らせてくれる方が異常なのです。なので最低限しか触らず…(本当は触りたい)

この時、3月16日の話でしたがその後持ち直してくれました。

まだ、不安定な体調ですが自分でご飯食べれるのは凄いです。
暫く看護を続けて行きます~
バタついていますのでblog更新が止まる可能性もあるのでご了承いただければと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中